治療装置の重要性と進化 レーシックはエキシマレーザーというレーザー装置によって角膜を薄く削りますが このレーザーの精度がフラップを作るマイクロケラトームとともに重要な位置を占めています。 医師の技術以上にレーザー装置の機能がレーシック手術の失敗をなくすのです。 たとえば、最新のエキシマレーザー装置にはアイト ラッカーという機能がついており 手術中に目が動いたとしてもレーザーが眼の動きにあわせてくれるというものです。 この機能に加えて、レーシック手術角膜の形を厳密に測定し、患者の形に合った設定を可能にする検査機能もあります。 ともに重要なのはそれを扱う医師の技術。 角膜や眼の疾患に関する知識が十分であるか、十分な治療経験をつんでいるかという点が必要とされるでしょう。 つまり、経験値?病院のレーシック手術実績です。 手術実績と治療機器の両方が充実した病院を選ぶことが大切だと思われます 
レーシック | 手術と手術をしない方法 レーシックは、日本に紹介されて10年以上が経ちますが、日本に限らず海外でも、飛躍的に普及しています。眼病に苦しむ方にとっては、レーシックは福音といえます。レーシックとは眼球の焦点異常を外科的な手術で改善をはかるものですが、初期のレーシックに比べて、最新のレーシックは機器の精度が高まり、機能も強化された事により、安全で安価になりました。 レーシックとは、従来マイクロケラトームと呼ばれる、金属製の刃物で、角膜を削ぎ、フラップといわれるふたのような状態にして、エレキシマレーザーを角膜に照射して、調整を行い、フラップを元に戻すといった最新の眼科医療で、戻した角膜自体は数分で元のように接着します。最近はマイクロケラトームの替わりに、イントラレーザーといわれるレーザーが使われ、切開の精度が高められています。 
レーシックのデメリットを検索されている方はおそらくレーシック難民になるのが心配なのだと思います。レーシック難民になるかどうかというのは、手術してみないことにはわかりません。ネット上で騒がれるレーシック難民には、便乗してあることないことを書いている人もいるでしょう。ネットの世界というのはそういうものです。しかし、本当にその症状に苦しんでいる方がいるのも事実でしょう。そういった記事について調べると、某クリニックでは利益を出すためにありもしない新しい機械だと言って価格を吊り上げたコースを作ったという話が雑誌に取り上げられたという話もあります。 しかし、これが本当なのかどうかは分かりません 
角膜の中心の屈折曲率しか変わりません。 なので夜間など瞳孔が開いた時に、術前と変わっていない屈折曲率をもった部分から光が入り、二重像が見えるおそれがあります。 航空身体検査基準に不適合なので、レーシック デメリットパイロットの人は受けられません。 人の手による手術なのでクリニックによっては差があり、効果の維持期間にも差が出てしまうこともあります。 このようにメリット、デメリットをよく比べて自分がどの部分を重要視するかによって、手術をするかの判断にもなります。 また、あらかじめデメリットなどを知っておくことで、術後のトラブルなども防ぐことが出来ます。 
レーシックの手術事態の時間ですが、とても短いです。 手術台に寝て、点眼麻酔を受けて、目のレンズの角膜をエキシマレーザーで照射し、 削って「角膜上皮層」と「ボーマン層」を薄く剥がしてフラップを作り、「角膜実質層」にきちんと戻します。消毒をして終了となります。 ですから手術事態は、10分~30分程で終了します。 ですが、その前の事前の検査やカウンセリングや相談が長いのが、別の意味でのレーシック手術の特徴といえます。 しかしもしそれが疎かにされるような病院ならばyamanaka-ganka.jp、逆に信用がなりません。そういった場合は、そこの病院での手術はお勧めできません。 早く済ませて疲れないのなら、いいのではないかと考えるかもしれませんが、それでは大切な目を預けるのには信用が足りません。 レーシック手術は、受ける病院を選ぶ時点で始まっています。そのためには、医師の話し合いはとても大切です